読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is peachy

ネットで稼いでセミリタイアを目指す人の回想記

怪我と弁当は自分持ち

私は、今年の夏、電気工事の作業中に熱中症になりました。症状はというと全身がつって体が動かなくなりました。動かないばかりか、体を動かすと別の場所がつって、その強烈な痛みのあまり、悲鳴さえもあげられない壮絶な状態でした。

f:id:gotthelife:20151107121234j:plain

数時間後、無事症状はおさまり、その夜は会社の人たちと焼き肉へ行くことになりました。そしてある言葉を知ることになります。
”怪我と弁当は自分持ち”

弁当を忘れたのは自分の責任であるように、怪我もまた自分の責任であるということ(だったかな?)です。当然といえば当然なのですが、私にはなんとなく違和感がありました。例えば、熱中症になる前に自分の都合で休憩したとします。私一人だけが休憩したとします。それが通るのか?という疑問です。

とはいえ、今回の熱中症を経験して、いかに自分の体調管理があまかったか。知識がなかったか。なぜコントロールできなかったのか。ということが身にしみてわかりました。そして、自分の人生と家族に何重にも保険をかけてきた自分は正しかったと再認識しました。保険といってもいわゆる生命保険や自動車保険のことだけではなく、副収入であったり、ネットがつながらなくなったときの別回線や自宅以外でもいつでもどこでも仕事ができるようにしておくことなど、多岐に渡ります。