読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is peachy

ネットで稼いでセミリタイアを目指す人の回想記

不労所得を理解できない一人親方たち

最初に断っておくと、ここでいう不労所得とは、完全な不労所得ではなくサイト運営による広告収入のことです。そして、一人親方だけでなく取引先の正社員の人たちもしかりです。

f:id:gotthelife:20151107120714j:plain

私は、現在、電工で一人親方をしている傍ら、インターネットでもお金を稼いでいます。周りには一人親方の先輩がいます。
当初は、インターネットでは月に数万円しか稼げていませんでした。周りの人からはバカにされましたし、「そんなに時間をかけてたった◯万円しか稼げないの?」と笑われたものです。しかし、私はわかっていました。労働収入によりお金を稼いでいるのではないということを。

そんな周りの人からの偏見や罵倒に耐えながら、半年くらいがたちました。ネットでの収入が2倍くらいになったあたりから、私を見る目が変わってきました。フルタイム級に現場に出て、なぜそんなに稼げるのか?ということです。答えは簡単です。労働は技術はもちろんですが、結局のところ時間を切り売りしていることにほかなりません。一人親方は、1日の自分の時間を提供してその対価として日当をもらいます。それが常識として今まで生きているので、私のビジネスが理解できないのだと思いました。

それから1年後、電工の仕事が忙しくなり、ほとんどネットの作業ができなくなりました。売り上げの確認や広告主からのメールのチェック、ドメインの更新くらいしかできていません。しかし、しっかりと稼ぐことができています。1年前の労働が今になって花咲き始めているのです。しかし、まわりの一人親方たちは、「目標は30万円じゃないのか?」と私をバカにします。

彼は、私がこの1カ月ほっとんどネットの作業をしていないことを知らないのでしょう。当面の目標は月に30万円を安定して稼ぐことです。それまでは、ネットでの収入は積極的に投資に回すことにしました。具体的にはクラウドソーシングで記事を購入していくということです。