読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is peachy

ネットで稼いでセミリタイアを目指す人の回想記

私は今を生きているのではく、未来を生きている

中学生や高校生のころは今が大事なんだ!と、ロックな感じで過ごしていたのですが、20代になると将来のことを考え始め、20代半ばになれば、老後のことまでも考え始めてしまいます。30歳になると、20代にぼんやりと考えていた、その先のことをどうすればよいか?こうすればよい。と、行動し始めたりもしました。

f:id:gotthelife:20151019190001j:plain

老後のことを気にしている人で思い出しました。
私の前の職場には20代後半ですがキャピキャピ(としか表現できない)した、黙っていればセクシーな教師にも見える女の子と別にどこにでもいそうな30代後半のおっさんなんですが、考え方がとてもユニークな先輩がいました。会社を辞めてから2回ほど飲むことがあって、そこで出てきたのが、私がネットで稼いでいるということでした。

二人とも私がどうやってネットで稼いでいるのかとても知りたそうでした。やわらか~く教えた後、なぜ知りたいのか聞いてみると、二人とも老後のことが心配だと言います。貯金や収入、年金が心配だというのです。二人とも独身で、私としては老後よりも結婚のこと、特におっさんのほうは彼女もいないので、そっちのほうが先だろう!と喉からでかかった後、私のビジネスが認められたかもと少しうれしくなってしまいました。

と、本題に戻って、若いころは今が大事なんだ!今を生きているんだと、世の中の事なんかな~んにもわかっていないのにもかかわらず、それがすべてのように考えていました。歳をとるにつれて世の中がどろ動いているのかなんとなくわかるようになります。新しい工場ができれば、住民が増えます。住民が増えるということはお金が回り始めます。

人の体は、今の体は以前食べたものでつくられていると聞いたことがあります。当然と言えば当然なのですが、それは今を起点として考えるとです。将来の自分の体のことを考えると、今食べているものが重要ということになります。同じく、今が大事ということになります。あれ。いやいや、先の自分の体のことを考えると、です。

私は、未来を見通せる力を身につけたいと思っています。未来予測の本を10冊ほど乱読しましたが、いくつかポイントが見えてきました。世の中には減少傾向にあるとか、上昇傾向にあるとか、数値にできるトレンドがあります。また、事件や政策などのイベントがあります。これらのいずれか、または組み合わせによって、ある程度未来を予測できることがわかりました。さらに過去や歴史と照らし合わせることで、その精度を高めることができることもわかりました。