読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is peachy

ネットで稼いでセミリタイアを目指す人の回想記

半不労所得を得るようになって自分の中で変わったこと

私は、15年前はフリーターでした。飲食業がメインで、今はもうないのかもしれないけど、派遣のアルバイトもしていました。派遣のアルバイトは引越しの手伝いやラックを組み立てたり、Yahoo! BBの申し込み窓口をやったり(1件もとれませんでしたが)、いろいろなことをしました。

f:id:gotthelife:20151012113124j:plain

20代半ばになり、このままではダメだと思うようになりました。当時、彼女もいましたし、漠然と成功してやるぜ!的な考えがあって、今の現状にストレスを感じていました。
実は、これは今も変わらないのですが、ストレスはあまり感じません。といったらうそになるのですが、恐怖や不安を伴うストレスはあまり感じなくなったように思います。そして、その状況を打開すべく、卒業した大学の就職課みたいなところの門を叩くことにしました。卒業研究のゼミの先生にも電話してみました。先生からは、「居酒屋の中で働く人ではなく飲みに行く人になりなさい」と言われました。おいおい、それはあなたが単に居酒屋で飲むのが好きなだけだろうと突っ込みたくなったのを抑えて、「おっしゃる通りです。頑張ります!」と言ったか?言ってないか?

就職課では、私が来るのを待っていたかのような雰囲気は皆無で、私のことを気にしてくれたのか地元の求人を持ってきてくれたのはいいものの経験者であることが条件のIT技術職(ちなみに私の選考は情報工学)、他の求人も似たりよったりで、心はさらに沈んでいくのでした。そんな中、ある求人情報を満面の笑みで持ってくる事務員さんがいました。

君にぴったりの求人が見つかったよ!と言わんばかりの顔で持ってきてくれたのが、ファミリーレストランの正社員の仕事でした。また、飲食か~、沈むというよりは、脱力感がだんだんとひどくなっていく感じでした。とはいえ、私に残された道はないのだとすぐに悟り、今まで経験したことのない正社員という未開の地へ旅立つことにしました。

話が長くなりそうなのでこの辺で、続く...